■■■■■BOOGIE★WOOGIE今後の公演■■■■■

劇団BOOGIE★WOOGIE本公演は2013年6月 日暮里d-倉庫にて!
乞うご期待!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2010年12月31日

no-title

あと数時間で今年も終わりますねぇ

皆様よいお年をお迎えくださいませ♪


大晦日は番組選びに困りますね〜
ガキの使いも全員集合も…
わぁ♪NHKでアルフもやっとる!
ダイナマイトも観たいし…

あ、飲みに行かなきゃ!!

2011年も宜しくお願い致しますね!!
posted by 小川大二郎 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

正しいの?

テレビのニュースを観ていたところ、ある殺人事件のニュースになった。


容疑者の男性は無罪を主張しているらしい。

検察は決定的な証拠がないまま起訴したらしい。
まぁ、難儀な事件だなぁとは思いましたが気になったのは別の部分。

起訴をしたのは裁判員制度が始まる前らしく、今回は裁判員は投入されないとの事。

そこでのテレビの表現
「今回の裁判は裁判員制度が導入される前の起訴のため、【プロの裁判官】によって行われます。」と…



え?


プロ??

アマチュアの裁判官っているの?
それは裁判員という呼び名があるでしょうよ。
裁判官は全員プロに決まってんだろ!!

アホか!!


そしたら裁判員制度で判決出された容疑者たちは全員アマチュアに裁かれたってのかいな??

言いたい事はわかるがとても誤解を与えやすい表現だよね…


そんな表現してたらそのうち
「俺はプロに裁かれたい」
なんておかしな事いう容疑者出てきちゃうよ。

折角導入した制度で
苦しい思いして死刑判決出した方々もいるんだから、
プロとかって呼び方はどうかと思いますよ…

日本語にしたら
玄人の裁判官に
素人の裁判員…

語弊を生むよね

「素人裁判員が始めて死刑判決をくだしました!!」
なんてニュースをみたらゾッとします

どうです??
posted by 小川大二郎 at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

no-title

早いもので今年ももう最終月になってしまいましたねぇ〜


何だかわかりませんが、僕にとってとてもしんどい一年でありました。

何があったわけでもないのですが、長い期間で溜まった小さなストレスの塊が一気に弾けてバランスが崩れてしまった…
そんな年でした。
だから、僕の今年一年を表す漢字は…


「 折 」


に決定!!

体も心もポッキリとね♪



この一年が折り返しの年。
ターニングポイントになりますよ〜に

来年もガンバローっと
posted by 小川大二郎 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。